スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【虐待はどんな傷を残すのか】(3)ネグレクトからの救出(産経新聞)

 ■回復の鍵は「愛着」

 38年前の昭和47年、中部地方の小さな町で6歳女児と5歳男児の姉弟が実父により、犬小屋同然のトタン小屋で1年半にわたり監禁される事件があった。

 救出後、特別な治療教育チームが組まれ、約20年に及ぶ発達支援が行われた。重大なネグレクト(育児放棄)から救出された子供の「その後」の詳細な記録は、世界中で6例しかない。

 チームの一員だったお茶の水女子大学の内田伸子教授(64)=発達心理学=は「救出時は2人とも身長80センチ、体重8キロほどだった。言葉は一言もしゃべらず、歩行もできず、はうのがやっと。どう見ても1歳半程度で、発達の遅れは恐ろしいほどだった」と振り返る。

 当時の報道などによると、左官だった37歳の父親は酒びたりで、39歳の実母がミシンの内職をしていた。子供7人が毎年生まれ、母親は子育てを投げ出した。姉弟は排泄(はいせつ)のしつけさえできておらず、「畳を汚す」と怒った父親はトタンで囲った屋根のない小屋を建て、むしろを1枚敷き、毛布1枚を与えて閉じ込めた。

 食事は小皿に盛られ、1日1、2回。当初は姉弟の下の乳児も一緒だったが、肺炎で死亡した。見かねた住民が町役場へ連絡した。救出時、2人は丸裸で骨と皮だけになり、仮死状態で横たわっていたという。

 ≪目覚ましい発達≫

 施設へ保護された2人は、栄養条件が改善され身長や体重がみるみる増えていった。遅れていた知的・言語的な能力を発達させるための訓練を受け、2年遅れで小学校へ入学した。

 内田さんは「目覚ましい発達の鍵となったのは、保育士の女性との『愛着』の成立だった」と指摘する。

 愛着とは、乳幼児期に母親など1人の養育者と結ばれる強い絆(きずな)のことで、通常、生後12カ月前後で成立する。「人見知り」も同じころピークを迎えるが、これも養育者との愛着の裏返しであり、健全な発達ぶりを示すものだ。

 姉と弟のうち、姉は保育士にすぐなつき、愛着の成立と同時に言語や社会性などさまざまな面が順調に発達していった。一方の弟は保育士になじめず対人関係の遅れが目立った。保育士を代えると弟は新しい保育士になつき、猛スピードで追いついたという。

 ≪人間は変われる≫

 「この姉と弟ほどまでは重度でないものの、似たような子供は今、施設の中にごっそりいます」

 「子どもの虹情報研修センター」の増沢高研修部長(48)はこう話す。

 食べ物をかみ砕く体験がなくサバの煮つけを丸のみする女の子。食事がハンバーガーばかりで濃い味つけを好み、調味料をどっさりかける男の子。トイレ以外の場所で平気で排泄し、お尻をふかない子供たち…。ネグレクトの結果、基本的な生活習慣さえ身についていない子供が目立つという。

 増沢さんは「『この家庭環境は何? この成育状況は何?』という子供は少なくない。だが、愛着は親とだけでなく施設の保育士や里親とも結び直せる。人間は変われる。そのことをこの姉と弟は証明している」。

 姉は現在、3児の母。弟はサラリーマンで1児の父という。内田さんは2人のことを講義で伝えている。女子学生は感想をこうつづった。

 ≪異常な環境で育てられたにもかかわらず回復していく様子は見事としか言いようがありません。今、救出後にしっかりと面倒を見てもらえる子はどれほどいるのでしょうか。救出されずに今も虐待されている子、救出されたものの適切な治療を受けられない子のことを考えると胸が痛みます≫

 入所する子供の7割が被虐待児という児童養護施設を訪ねた。

<山陽新幹線>作業員がCO中毒 「六甲トンネル」内で(毎日新聞)
<巨大ジオラマ>昭和30年代の高山を再現 「匠の館」で一般公開(毎日新聞)
振興銀、4カ月の新規融資停止=金融庁が行政処分発表(時事通信)
汚職で損害、前生駒市長らに4千万円支払い命令(読売新聞)
岡本ホテル関係先を一斉捜索=預託金200億超集金か―出資法違反容疑で警視庁(時事通信)
スポンサーサイト

<窃盗>自転車かごの300万円ひったくられる 大阪・吹田(毎日新聞)

 18日午前5時15分ごろ、大阪府吹田市朝日町の市道で、市内に住む飲食店経営の女性(64)が自転車で帰宅中、背後から近づいてきた2人乗りの自転車の男たちに前かごにあった現金約300万円入りの手提げバッグを奪われた。女性は転倒し、右手甲に軽傷。男たちは逃走した。府警吹田署が窃盗(ひったくり)容疑で捜査している。

 吹田署によると、女性は仕事帰りで、現金は店の売り上げや生活費。男2人はいずれも青い帽子をかぶり、1人は青い服を着ていたという。【平川哲也】

【関連ニュース】
ひったくり:女性狙い多発 防犯へ実演講習会--和歌山西署 /和歌山
窃盗:96万円入りバッグ、ひったくられる--幸田の国道 /愛知
ひったくり:5件、14万円奪われる--名古屋・名東、千種など /愛知
ひったくり:名古屋・熱田で61万円被害 /愛知
ひったくり:1~3月の北九州・京築、被害倍増 /福岡

<ダイヤ鑑定>「全宝協」が価値かさ上げ 業界団体が聴取へ(毎日新聞)
夜の東武東上線、男性飛び込み7500人に影響(読売新聞)
裁判員制度 守秘義務、対象事件 見直し論高まる(産経新聞)
山岡氏が請求放棄 週刊新潮名誉棄損訴訟が終結(産経新聞)
<法政大高>元教諭2人書類送検 修学旅行中に体罰(毎日新聞)

福島、亀井氏に説明を=外相が首相に助言-普天間(時事通信)

 岡田克也外相は11日午後、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、衆院本会議場内で鳩山由紀夫首相と短時間協議し、「福島瑞穂社民党党首(消費者・少子化担当相)、亀井静香国民新党代表(金融・郵政改革担当相)に丁寧に説明した方がいい」と述べ、与党内調整を急ぐよう助言した。外相が記者会見で明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~5月中の決着は?~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
【特集】「陸山会」土地購入事件~検察審、小沢氏「起訴相当」を議決~

女性店長「出て行け」、チェーンソー男退散(読売新聞)
鳩山首相祖父の墓に黄色いペンキ(スポーツ報知)
日本創新党の基本政策 集団的自衛権行使を容認(産経新聞)
<劇団四季>14年間の常設公演に幕 福岡シティ劇場(毎日新聞)
<途上国支援大会>タイで死亡の村本さんの同僚も参加(毎日新聞)
プロフィール

ミスターとしおなかもと

Author:ミスターとしおなかもと
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。